首都圏ワーママ *sai* が探す「ちょうどよい」暮らし

自分にとっての「ちょうどよい」を探します

【高度不妊治療】結局いくらかかった?男性不妊からの顕微授精(nac日本橋費用2020)

 

私たち夫婦は男性不妊無精子症)の診断をへて、PESAにて精子回収→顕微授精により第一子を授かりました。通院していたのはNatural ART Clinic 日本橋。2020年の治療でいくらかかったのか、どなたかの参考になればと思い公開します。

 

< NAC日本橋 費用 通院費まとめ>
精子回収~顕微授精1回での妊娠
支払時期 通院回数 支払額
2019/11 1 99,000
2019/12 5 115,496
2020/1 8 485,146
2020/2 10 301,522
2020/3 9 91,610
2020/4 6 490,560

 

 総額:1,605,334円となりました。

11月に精子回収費用、12月に採卵材料費、1月に採卵・顕微授精費用、2月に移植費用、4月に成功報酬を支払っています。

 

自治体の助成金を申請し、男性不妊治療費に99,000円、採卵~妊娠の確認に400,000円(初回上乗せ金額含む)の助成をいただきました。有難いことです。

不妊治療費の総額は110万円程度ということですね。

 

インターネットで「体外受精 顕微授精 費用 平均」と検索すると、費用相場は20~60万円と出てきます。NAC日本橋は薬に頼らない自然周期での妊娠を目指すため、通院回数が多くな長く費用がかさみます。毎回血液検査でホルモン値を測るのが大きいですね。また、私は移植後、ホルモン補充で通常スケジュールよりも長く投薬を受けていました。1回の採卵・移植で妊娠に至れたのは最短ルートかと思いますが、100万円は少なくともかかると思って挑戦した方がよさそうです。

 

働きながら指定の日時に通院する負担、経済的な負担いずれもありましたが、結果的に初診から1年で我が子を抱くことができました。先生・スタッフの皆様には本当に感謝しています。