首都圏ワーママ *sai* が探す「ちょうどよい」暮らし

自分にとっての「ちょうどよい」を探します

【FIRE本】中流層首都圏ワーママにとってFIREは夢の話!?

FIRE本として有名な、「FIRE  最強の早期リタイア術」を読みました。

30代で仕事を辞め、お金の心配をせずに自分の時間を謳歌できたら…素敵ですよね。仕事を趣味にするという発想も好きですが、なかなか難しいのが現実です。生活費を抑えて一定額の貯蓄をした後は、お金がお金を生む仕組みを構築することで働く必要性がなくなるというのが著者の考え方です。

 

日本型サラリーマンをしていると、時間をお金に換えている感がまだまだあって、夢のある話お話だなと思いました。働くことで賃金をもらい、生活を豊かにしているけれど、その対価として子供との時間、自分の趣味の時間は犠牲になっているのです。

 

私は心配性なので、運用益をきちんと得られるのか(もちろん本書には根拠もかかれています)、将来の子育て費用がどうなるか分からないのにライフプランニングできるのか…悩んでしまいました。でも、私はまだ100万ドル貯めていないのです。まずは1億円貯めてみて、一定程度お金に働いてもらってみて、可能であればFIREも選択肢に入れてみる、というのはなんとなく夢があって楽しいなと思っています。