首都圏ワーママ *sai* が探す「ちょうどよい」暮らし

自分にとっての「ちょうどよい」を探します

D14~採卵まで

明けましておめでとうございます

年明けバタバタしてしまい、気づけば1月ももう3分の1を終えようとしています…

年内に採卵→凍結までなんだかんだと進んでまいりました。

D14。木曜日なので休みを取るか、業後に走っていくか悩む私。

D3 で17時までに来てって言われたので、これ以降も17時までに行ったほうがいいかな…と。

ただ、この日は特に何も言われてないし…

夫には電話して聞いたら?って言われるも結局うじうじして早退することに。

 

午後の診察は空いています。

 

ホルモン値。ようやくLHがちょっと上がった様子?明日再診になりました。

こんなんで排卵するのか…

 

受付で恐る恐る受付時間を確認。

排卵周期は午前推奨、と言われた上で、D3以外は18時までokと教えていただきました!良かった!

私のアプリでは排卵は来週までしないのです…翌日は業後ダッシュすることに決めました。

 排卵してしまうと元も子もないので、可能な限り午前受診はすべきでしょう。

 

D15 採卵日決まった!

定時ダッシュです。

が、全然人がいない…こんなに遅く来てすみません…

 採血は最後だったかもしれません。

 LHもだいぶ上がってきました。内膜11mm。卵胞18mm。2日後採卵となりました。

 

座薬と点鼻薬が処方されるので、使い方の説明を受けます。

時間指定もあり忘れないようにドキドキ…

 

私は卵胞が多く(初診から、うわぁ…まだあるぞ…と不穏な独り言を頂いています)、採卵が痛いのではと不安。局所麻酔を選択できるとのことでお願いしました。局所麻酔を選ばれる方は半分くらいのようです。

痛い痛くないの前に、質の良い卵はいるのかが一番不安ですが。。

 

お会計15000円程度。

最後の患者になってました。本当遅くにごめんなさい…

 

D17 採卵

初めての採卵です。

朝からスタートと聞いていて、もし採卵日が平日なら午前休で良いかな、と思うくらい余裕ぶっこいていたらそんなに甘くなかったです…

 

色んなブログを読み漁り、何故かそんなに痛くないのでは?と思っていた私。

採卵自体の不安より、寝坊しないかが不安で30分ごとに目が覚めてしまいました。

 

いよいよ、ナースセンターに呼ばれ、リカバリールームで着替え。ここから1時間半ほど待機。

とにかくトイレにたくさん行って、尿を出しきりました。

 

いよいよ手術台へ。

痛いと聞く消毒…これは全く痛くなく。

麻酔も、子宮頸癌検診の方がよっぽど辛いくらい。麻酔入っていきますよーと看護師さんにモニター上で示していただくところまでは大丈夫でした。

まず主席。うーんちょい痛?

キーンキーン?という電子音が聞こえたので、(何の音か不明ですが)勝手に50数えるまでに終わるはず!と数え始めました。※卵胞が40個くらいと言われていたので、それを吸う音ということにした

 

しかし、10数えるくらいにやってくる痛み…いたーい!

場所が悪いようです…

 

おらんな…これも卵胞ではないか…

という声にショック!

 

卵管がねじれxxx

最後聞き取れず…ねじれたの?ねじれてるの?ねじれそうなの?!

捻れるくらいならそこはもう取らないで良いです…と心で叫ぶ私。

だんだん腰の方まで鋭い痛みが。

 

右が特に痛かった。

左はあっという間に終わったから、多分場所の問題かと。

 

おわりー

と言われようやく台が下がるも、

まだあるぞ

とおまけの3キーン。

うぅ…

 

放心状態のままリカバリールームへ。

1時間安静となりました。

 

昨日までは、

2回でやめられるかな?なんて思っていましたが、あまりの衝撃に「もう無理だ…」モードへ。

ズキズキを抱えながら内診→診察室→培養士さんからの説明→お会計。

13時頃にすべて終わりました。

 

帰ってからは安静に、とのことでした。

ちょうどこの日、父と連絡を取っていたのですが、話題はもうすぐ出産予定日を迎える妹の話題。

その話をしてほしくない、という気持ちはないですし、妹の妊娠に黒い感情を抱いたことも無いのですが、

出産を控える妹と、採卵をしたばかりの私の間にあるあまりに長い距離を実感し、

帰宅して突如号泣する私。

夫はさぞ驚いたことでしょう…